適合化競争

試験というものの本質の1つに「適合化競争」があります。

自身の感想や主張はさておいてでも、出題者が是と考えるものに沿った解答のできた者が勝者となる世界。

これが試験の世界です。

この最たるものが大学入試の記述問題や小論文の問題です。

したがって、試験では出題者の求めるものに自身を適合させることが求められます。

 

その求めるものとは「こんなものは試験問題として出題するべきではない!」とあなたが考えるものだったりします。

全く知らない知識ばかりを選択肢として提示し、その中で正解を選ばせるという無理難題であることもあります。

それでも、あなたは合格するためにはこれに適合していく必要があります。

 

適合化競争は既に始まっています。

日頃、教材や講義などに一利用者として注文を付けたくなることはないでしょうか?

相手に変わってもらいたいと望むことと、自分自身が相手に適合すること。

人によって態様の分かれる点がここにあります。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆