活字離れと試験問題

ある調査結果によると、新聞を毎日必ず読んでいる人の割合は3割強だそうです。

印刷出版物からの情報の入手をWebで代替するようになって久しいですが、このことは全体としての活字離れに繋がっています。

スマホには取扱説明書がなく、ビジネスの場ではWordよりもPowerPointが重宝されるようになりました。

 

しかし、その一方で試験問題は依然として紙に書かれた60数ページもの文章です。

むしろ、時代に逆行するかのような長文化傾向にあって、選択肢の中にある些細な誤りを読み取ることが求められています。

見やすい図解やまとめの表は確実に学習の理解を促進し、時間短縮にも繋がりますが、これを重宝しているだけでは試験問題が解けるようにはなりません。

 

試験中の集中力が続かない、読み飛ばしによるミスが多いと感じている方の多くは、文章を続けて読む力がないのです。

受験対策では、積極的に文章に触れることが求められています。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆