テキスト読みは過去問読み

テキスト読みというと、多くの方が抵抗を持たれると思います。

私もそうでした。

 

その理由は、大量の文章を読み進めることが大変だからだと思います。

内容が難しいし、細かい。

そもそも読む時間がない。

読むことの単調さに飽きてくる。

 

読むというと多くの方は通読を思い浮かべられると思いますが、何もテキストを小説のように読む必要はありません。

テキストの記載内容は広範に渡りますが、その多くは過去の本試験の出題内容です。

過去10年よりも前に出題されたものが数多く記載されています。

 

記述の元が過去問なのですから、虫食い的な問題演習と同様に辞書的な読み方でも構わない訳です。

これも立派なテキスト読みです。

つまり、テキスト読みとは、過去問の内容を体系的に並べられた汎用性のある記述の中で捉え直すことに他なりません。

 

テキストを学習することで古い過去問の再出題にも対応できるようになります。

この点にもっと意識を向けることが必要です。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆