情報を捨てる過程で力がつく

私は毎日、主宰する受験メンバーズクラブの会員様向けに教材を作成していますが、その教材とはシンプルな2択の短文問題と解説のレジュメ集です。

論点のみを問う問題は過去問ほど長くはなく、解説レジュメもテキストとは違い本試験で問われるポイントのみを必要十分にして最小限の字数でまとめています。

 

当然、これらに記載する内容は私が絞り込みをかけているのですが、この重要度の高い情報を選ぶ=低い情報を割愛するという過程が、知識の吸収度をものすごく高めます。

記憶の持続力も高めます。

 

実は、この重要な情報の見極めということは、受験生の方にテキストの中でやっていただきたいことなのです。

重要部分のノート作りではありませんよ。

重要部分のセレクトです。

書く時間があれば倍の回数を読むことに充てます。

 

漫然と読むのではなく、読むべき部分=テキストにマーキングを行う部分を考え抜く。

この情報の取捨選択を行う思考過程で力がつきます。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆