ゆっくり解ければ合格点

過去に数回受験経験のある方が、試験後に本試験問題を見直したときに思うこと。

その1つが、

「なぜこの問題を間違えてしまったのだろう?」

という疑問です。

 

1つ1つの選択肢を落ち着いて見てみると、実は容易に正誤の判断のついたものが多くあるということに気付きます。

しかし、そうした判断のつくはずのものを本試験会場では間違えています。

このミスの多少が合否を分けています。

 

本試験特有の緊張感も失点の原因の1つではあるでしょう。

しかし、それ以上に、初めて見る問題文の中に論点となる部分を探し出す力が不足していたことが原因だと言えます。

そして、その力不足は、本試験の前までにテキストの記述を十分に読んでおくという経験が不足していたことから生じています。

 

時間がない中で初見の長文の中からポイントを見つけ出す力を養うには、事前の文章の読み込みが不可欠です。

本試験問題はゆっくりと解けば、誰でも正答率が上がるものなのです。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆