短期合格者は知識が少ない

ごく稀に数か月の学習期間で試験に1発合格される方がいらっしゃいます。

数年間、数千時間をかけても合格できない方がいらっしゃることと、このこととの整合性のある説明が難しいところです。

 

「頭のいい人がいるんですね」で終わらせることは簡単です。

ですが、それだけではないでしょう。

短期で合格された方の素養にではなく、学習履歴にこそ学ぶべき点があります。

 

短期合格者に共通する点を失礼を承知で言えば、それは知っている知識が非常に少ないことです。

そして、知識が少ないだけでなく、内容自体があまり理解できていません。

ですが、得点は取れています。

 

これはとにかく同じ教材を繰り返して覚えているということです。

時間が短くてそれだけしかできないとも言えます。

 

長期学習者になると、学習の手を広すぎることで逆に知識の密度が薄まることになりがちです。

色塗りは広く薄くではなく、狭く濃く。

同じ箇所で塗り方だけを工夫することです。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆