2択インプットが強い理由

本試験問題には、選択肢が長文であるものや事例形式になっているものが多くあります。

しかし、こと正誤の決め手となる点だけに絞って見てみると、実は単純な2択の判断を求めるものだったりします。(初出事項を除く)

 

当日か翌日か?

賃金に含まれるか否か?

2/3以上か3/4以上か?

義務か努力義務か?

 

こうした正誤判定の2択ポイントを時間内に見つけ出し、それらに関する正確な知識を記憶の中から即座に引き出せるかがカギです。

このアウトプット訓練は受験対策の終盤に模擬試験等で行うことができます。

そこで、問題はインプットです。

 

アウトプットが入り組んだ文章の中から論点を拾い出す作業であるのに対して、インプットはその逆。

つまり、知識として引き出しやすいシンプルな形で頭の中に刻むことが必要です。

覚えるべき分量が異常に多く、ここはシンプルでないと時間効率が悪すぎます。

だから、私は短文の2択形式でのインプットを推奨しています。

 

 

詳細は合格マニュアルで

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆