私が2択演習を推す理由①

・解雇予告手当は賃金か否か?

・就業手当の給付率は30%か40%か?

・経過的加算額は繰下げによって増額されるか否か?

 

本試験で時間不足となってしまう原因。

択一式での得点が伸びない原因。

 

こうした原因の多くは、いわゆる“基本”と呼ばれる事項が論点となっている問題における判断の遅さにあります。

 

全く見たことのない事項について考えすぎること、長文の事例問題に時間をかけすぎることも確かに原因の1つではあります。

 

しかし、それ以前に、基本事項についての知識が不正確すぎるのです。

この基本事項で正確で素早い判断のできることが、合格点の確保に不可欠です。

 

それでは、基本とはいえ、大量の事項を短期間で身につけるためにはどうすれば良いでしょうか?

 

それは、暗記対象を短期の繰り返し学習に適するようQ&A形式に単純化して、この確認を反復して行うことです。

ここに、2肢択一式の演習形式で基本論点の復習を行うことの意義があります。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆