安衛法は捨てられない!

受験生の決して少なくない方が、毎年難しい、面白くないと感じている科目。

労働安全衛生法。

 

比較的馴染みのある労働基準法を学習した次に、この科目で感じるギャップに受験生は面食らいます。

よくわからないうちに講義が終わってしまったという感想も多く聞かれます。

選択式試験で2点、択一式試験で3点分の出題に留まるマイナー科目。

 

しかし、配点が少ないからといって、この科目を捨てることは絶対にできません。

特に、選択式では、1点でも確保しておかないと、労基法で判例が出題された場合にも失点が許されなくなるからです。

 

対策としては、選択式と択一式のそれぞれで、最低1点狙いで

「安全衛生管理体制と健康管理の2分野から出題されたならば、絶対に得点できる」

という状態を作っておくこと。

 

その他の分野については、テキストの本文に記載のある条文についての素読はしておく必要があります。

 

差をつけられないための消極的対策がポイントです。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆