改めて過去問学習を考える

受験対策と呼ばれるほぼ全てのものにおいて、過去問の重要性は言うまでもないことだと思います。

過去問を元にテキストは作成され、模擬試験も作られます。

過去問攻略が受験対策の第一歩であることを否定する方は稀でしょう。

 

しかし、これは第一歩であって、過去問さえ制覇すれば次の本試験で合格点がとれるようになる訳ではありません。

少なくとも社労士試験においてはそうです。

 

過去の出題から次の出題を無理なく予測し、過去問の周辺事項や関連事項を合格点をとるに必要な範囲内で学習することが大切です。

ただ、こうした未来志向の過去問学習というのは、時間のない受験生が書籍を前にして行うことの難しいものです。

 

そこで、現在、重要な過去問のみを多角的に分析して解説する配信コンテンツを作成しようかと考えています。

ただ、時間的に今年の試験には準備が間に合わないので、今年合格される今これをお読みの方には関係のない話になりますね。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆