択一式は55%の知識で十分

昨年の択一式試験の合格基準点(総得点)は44点以上でした。

全70問の出題に対する正答率は約63%です。

択一式で基準点をクリアできていない方は、選択式うんぬん以前に、まずは択一式での正答率を上げる必要があります。

 

正答率63%というのは、70問×5肢=350肢のうち、220肢以上がわかっていなければいけないということではありません。

5肢のうちの1肢だけが既知の事項という問題であっても、その1肢のみで正解できるものもあります。

つまり、実際にはもっと低い理解度でも63%が確保できるのです。

 

さらに、確率論的に言えば、デタラメでマークしても20%は正答となります。

結局、70問中38問(約54%)を自力で得点できれば、残りの32問で6問は偶然で得点できますので、これで44点がクリアできる計算です。

 

得点での約54%というのは、肢の数でみれば50%かもしれません。

十分に攻略できるはずだとわかりますよね?

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆