模擬試験受験後の復習方法③

前回からの続きです。

模試の問題の記憶がまだ新しいうちに復習を行うことで、復習を効率的に進めることができます。

 

そしてもう1つ。

復習の効率化には、試験時間中に問題用紙にマーキングをしておくことが不可欠です。

 

・問題文の指示や誤りだと思う部分にアンダーラインを引く

・確実に正しい、誤っている、わからないと思う選択肢の横に◎、××、⁇などの記号を書いておく

・解答として選んだ選択肢を○で囲む、番号を書いておく

 

などといったことです。

問題を解くときに問題文を目で追うのみで、手の動いていない方が多いですが、それではミスが増えることも当然です。

加えて、思考過程の形跡の残っていない問題用紙のもとでは、復習すべき対象が明らかになりません。

 

模試の復習のポイントは、自己採点の後に問題用紙と解答・解説集を照らし合わせて、どの問題・選択肢を復習するかの優先順位をつけることにあります。

次回はこの点についてお話しします。

 

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆