法律に特有の言い回し

法律の学習を初めてされた方が最初に戸惑うことは、条文や判例、通達に特有の表現ではないかと思います。

普通はこんな言い方をしないといった表現がバンバン登場します。

 

また、内容的に疑義の生じないものであることを重視した文章は、総じてまわりくどいものになっています。

一文が異常に長く、カッコ書きの中にカッコ書きが埋め込まれているなど、一読して意味のわかりづらい悪文であることが多いのです。

 

こうしたことで法律の学習が嫌になってしまう方が多くいらっしゃいます。

 

このような表現や文体に慣れるには、やはり学習指導者によるレクチャーのあることが1番ですが、自学の際には、まずカッコ書きを読み飛ばして文章の骨格だけを考えましょう。

そして、その要旨だけを平易な日常会話レベルの言葉で掴んでおくと良いです。

 

正確な表現での理解は、科目学習が一巡した後のテキスト読みの段階から少しずつできてきます。

焦らずに先へ進めましょう。

 

★受験情報、演習問題、解説動画等が満載のお得な無料メルマガ会員にぜひご登録ください!

無料メルマガ登録はこちら

 

★これを読んで役に立ったという方は、こちらをクリックしていただけると嬉しいです!

 

 

合格マニュアルはこちら

Chapterはコラムのカテゴリーに対応しています

◆受験哲学編◆

 

◆合格戦略・戦術編◆